当サイトの目的

セラピストが勉強しても結果に繋がらないのは、
一言で言うと、
【独り相撲をしているから】
だと考えています。
知識・技術ばかりが優先され、
相手を見ていないということです。

このサイトは理学療法士である
澤田が立ち上げました。

私の理想は、
セラピストが楽しみながら仕事をする。
その結果、セラピストも周りも幸せになる

ことです。

そのために、
理学療法士として得た
多くの学びを共有することを目的としています。

リハビリ職ほど患者さんに
寄り添える専門職は他にはありません。
とてもやり甲斐があり、
自分を成長させてくれる
素晴らしい仕事です。

しかし現実は、
自分も含め
「患者さんに貢献できずツライ」
「学びたいけど経済的にツライ」
と悩んでいるセラピストの多いこと多いこと。

さらに、
「自分の専門知識や技術が未熟だから・・・」
と自分を責めている人もとても多いです。

一生懸命仕事をしている時ふと、
「この状況が望んだものだったっけ?」
と自分の理想とは程遠い状況に気づきました。
一体この原因は何でしょうか?

僕が考える原因とは、
【一人相撲をしているから】
だと考えています。

セラピストは本来、
人の幸せに貢献するための仕事です。
理論の正しさを証明する為に
仕事をしている訳ではありません。
実は勉強したもので「治そう」とすればするほど、
上手くいかないのがこの仕事の難しさです。

治療・リハビリの主役は相手です。
相手それぞれのペースというものがあります。
相手の望む刺激の種類・時間・量があります。
そのような現実がないがしろにされているのが問題なのです。

相手に合わせて専門知識・技術を
使う事ができれば、
これまで学んだ内容は
より効果を発揮できるようになります。
この状態を【同調】と定義しています。

僕は、
相手に合わせて知識・技術を発揮するために、
・専門知識の本質を知る
・考える力を磨く
・身体稽古をする
ことが必要だと考えています。

必ずそのセラピストにしか出来ないことがあります。
セラピストそれぞれの良さを引き出し、
セラピスト自身も、
患者さんも楽しく生きていける。
そんな未来を作っていきたいと考えています。